タマムシ
b0149886_20401149.jpg
 日曜日の午後 買い物から戻ってきたら、住まいの集合住宅の外階段にタマムシ(ヤマトタマムシ)がいた。
 慌ててカメラを持ち出して即撮影。
 24-105mmを使ったが、昆虫はやはり小さい。105mm望遠端にしたが、ぐらぐらして中々定まらない。手ぶれを量産してしまって結構難儀した。
 
 タマムシを見たのは3回目。前回は4年ほど前。やはり夏前だった。成虫の寿命は1か月くらいらしい。

 グリーンメタリックの「構造色」が美しい。工業製品みたい。

EOS 5DMarkⅣ EF24-105mm F4L Ⅱ IS USM

# by spiti | 2017-06-18 22:35 | 東京都(夏) | Comments(0)
X70持って高尾山
b0149886_549548.jpg
 ここ数年山専用機として、35mm相当の薄いレンズを付けたEOS M3 を使っていた。しかし、使いながらも若干画角が狭いと感じていた。私は、ヤッケのポケットカメラを入れているが、EOS M3の場合、広角(ズーム)レンズを着けると、ポケットに入らなくなってしまう。そこで今回覚悟を決めて機種を変更することにした。
 
 広角を搭載していて、「薄い」機種は、リコーのGRと、FUJIFILM X70の二つ。GR は、初代と2代目を使い倒したが、レンズがモーター駆動で前に出て来るのが性に合わない。そこでX70を使ってみることにした。
 
 調べてみるとX70はモデルチェンジが近いため、なんと製造中止になっていた。後継機種は画素数が大幅アップするようなので、慌ててM3を売り払うと同時に程度の良い中古のX70を入手した。




b0149886_5484777.jpg



b0149886_5285958.jpg
21mm相当のアダプターレンズ使用

b0149886_5301449.jpg



b0149886_5305317.jpg

いずれもFUJIFILM X70

# by spiti | 2017-05-29 23:44 | 中央線沿線の山 | Comments(0)
槍ヶ岳 その4
b0149886_23411678.jpg
 夕食を終えてのんびりしてから夕陽の撮影に出た。さすがに冷えてきた。寒くて仕方がない。


b0149886_23412495.jpg
 残念ながらあまり夕焼けにならなかった。寒いのでそそくさと退散。


b0149886_2341341.jpg
 朝は雲も少し出て、なかなかいい感じだった。


b0149886_23413963.jpg
 やはり槍を画面に入れないといけない。


b0149886_23414564.jpg
 表銀座側、常念山脈がよく見えた。
平成29年(2017年)5月5日
すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM

# by spiti | 2017-05-23 23:34 | 北アルプス | Comments(0)
槍ヶ岳 その3
b0149886_22212695.jpg
 ヤッケの右ポケットにカメラ、左ポケットにナルゲンを忍ばせ、ピッケルだけを手に穂先に取りついた。人が多くて渋滞ぎみに加えて、雪と岩のミックス状態でなかなかの難度のため、歩みが遅くなる。アイゼンの前爪をガンガン突き立て、ピックを打ち込んで馬力を掛けないと上に上がれない。
いい訓練になりました。

14時20分頂上。

b0149886_22213533.jpg
 小槍の上部


b0149886_22214275.jpg



b0149886_2330329.jpg
 登りで前爪を使ったところはクライムダウンしないと下れない。下りはじめてようやく気が付いたが、雪がグザグザで、蹴り込んでも一発では決まらず、結構難儀した。


b0149886_22215040.jpg
 前向きに歩けるようになってひと安心。登り1時間、下り1時間掛かった。
 平成29年(2017年)5月4日
 すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM

# by spiti | 2017-05-19 00:11 | 北アルプス | Comments(0)
槍ヶ岳 その2
b0149886_2156425.jpg
 槍ヶ岳、槍沢ともに初めてなので、灼熱地獄のなかガイドにくっついていく。単独だったらとてもこのスピードは維持出来ない。といいつつ、横尾の小屋で作っておいたアミノバイタルドリンクを飲み飲み、忍の一字で歩いて行く。標高が上がると、吹く風が心地よい。この調子ならば何とか上まで行けそうだ。写真は、「グリーンバンド」かつての氷河のへりのモレーン部分。



b0149886_21561428.jpg
 ようやく槍と小屋が見えてきたが、見えてからが遠いのは涸沢ヒュッテと同じ。




b0149886_21563846.jpg
 13時少し前に槍ヶ岳山荘到着。小屋には上がらず、そのまま穂先に取り付く。完全にエネルギー切れなので、小屋でカップヌードルを大急ぎで食べる。スープも全部飲んで塩分4.8g 補給(笑)。前回カップヌードルを食べたのは去年の奥穂の時、涸沢小屋だったっけ。



b0149886_21564442.jpg



b0149886_21562424.jpg
 ザックを小屋前にデポして、ハーネスを穿き、ロープをつないで出発だあ。
 平成29年(2017年)5月4日
すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM

# by spiti | 2017-05-13 23:49 | 北アルプス | Comments(0)
槍ヶ岳 その1
b0149886_23511619.jpg

 当初、連休は涸沢に2連泊する北穂に参加しようと申し込みを済ませていた。しかし、上高地集合が前泊を必要とする9時30分だったためか、催行されないことになってしまった。
 そこで、先に申し込んでいた同じ勤め先の山仲間Mさんの誘いもあって、同じ泊数、2泊3日の槍ヶ岳に乗り換えることにした。
 しかし槍ヶ岳は上高地から一番奥にあるので遠い。おまけに肩の小屋=槍ヶ岳山荘までフル装備の荷物を背負って行かなければならない。連休は天気が良いと暑くなることが予想される。等々なんとも自信が持てる要因がない。
今回はお客が6名、ガイドが2名。ガイドレシオ3である。
 
 初日5月3日は横尾泊、翌5月4日朝5時30分出発。


b0149886_23512793.jpg
 7時30分槍沢ロッジ ここでアイゼン装着


b0149886_23513572.jpg
 ババ平8時30分  すでに相当暑い。



b0149886_23514864.jpg
 ババ平から「大曲り」を望む



b0149886_23515738.jpg
 ビーコンは装着しているものの、周囲はデブリだらけ。おちおち休憩していられない。10時00分
 
 平成29年(2017年)5月4日
 すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM

# by spiti | 2017-05-10 23:25 | 北アルプス | Comments(0)
今年のチューリップ その3
b0149886_6234598.jpg

EOS 5DMarkⅣ EF24-105mm F4L Ⅱ IS USM



b0149886_623528.jpg

EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_624649.jpg

EOS 5D MarkⅣ Sigma 15mm F2.8 Diagonal Fisheye


b0149886_6242081.jpg
 今年の特徴は、この色がごちゃごちゃの「サイケ植え」(笑)だな。これがまことにいい。大人気の撮影スポットになっていた。
EOS 5D MarkⅣ Sigma 15mm F2.8 Diagonal Fisheye



b0149886_6242887.jpg

EOS 5D MarkⅣ Sigma 15mm F2.8 Diagonal Fisheye

  平成29年(2017年)4月23日(日)  昭和記念公園

# by spiti | 2017-05-08 21:23 | 東京都(春) | Comments(0)
今年のチューリップ その2
b0149886_6122736.jpg
 見物に来ている人の8割はアジア系外国人だったように思えた。タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアあたりの人がいたように思う。日本人はほとんどいない(笑)。驚いたのはアオザイを着たベトナム人女性がいたこと。わざわざ「晴れ着」を着てここに記念撮影に来ている。日本に住んでいる人たちなのか。それぞれの国ではどのように紹介されているんだろうか。よく調べて来るなあ。

EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_013994.jpg
 水彩画を描いている人がいた。
EOS 5D MarkⅣ Sigma 15mm F2.8 Diagonal Fisheye



b0149886_6124383.jpg
EOS 5D MarkⅣ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_6125290.jpg
 人が沢山いるのならば画面に入ってもらっちゃおう。その1 フォーカス位置:奥
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_613195.jpg
人が沢山いるのならば画面に入ってもらっちゃおう。その2 フォーカス位置:手前
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_613714.jpg
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

 平成29年(2017年)4月23日(日)  昭和記念公園

# by spiti | 2017-04-29 20:25 | 東京都(春) | Comments(0)
今年のチューリップ その1
b0149886_693145.jpg
 ご無沙汰しております。ちゃんと生きてます(笑)
 3月から4月にかけては仕事が立て込んでいて、休みの日に出勤したりしながらようやく乗り切った次第。
 梅の撮影に行ってからほぼひと月、こんなに長い間このサイトをほっぽらかしてしまったのは初めてではないか(恐縮)。
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM





b0149886_693888.jpg
 5月の連休に予定している山行の足馴らしのため、この日の午前中は高尾山に行っていた。高尾山の登山口で昼に蕎麦を食べ、背中は黒いカメラバック、足元は山靴の格好でこの現場に入った。
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM




b0149886_694566.jpg
 湿度は低いものの日差しが非常に強いので日陰に入りたい。という訳で日陰で撮影した絵が多い(笑)
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_695165.jpg
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_695711.jpg
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_610374.jpg
EOS 5DMarkⅣ EF24-105mm F4L IS USM

 平成29年(2017年)4月23日(日)  昭和記念公園

# by spiti | 2017-04-24 23:48 | 東京都(春) | Comments(2)
高尾の梅林 2017 その3
b0149886_2304589.jpg
 最後は「天神梅林」 ここも川沿いにあって結構な斜面に梅が植えられている。
 白とピンクのミックスの色合い。


b0149886_2305850.jpg



b0149886_231994.jpg



b0149886_2311885.jpg
 年度末・年度初めの多忙な時期もようやく終わりつつある。桜の撮影に行けるかしらん。

すべて EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

  2017年(平成29年)3月20日(祝) 
  東京都八王子市 裏高尾町 天神梅林にて

# by spiti | 2017-04-05 05:40 | 東京都(春) | Comments(0)
高尾の梅林 2017 その2
b0149886_2251843.jpg

 木下沢梅林での撮影を終えて、高尾駅まで戻りつつ、行きに目を付けておいた梅林で撮影。
 ここは南浅川の流れが削った斜面がバックになっているので背後が暗部になっていて、他には中々ないシチュエーションである。梅も白梅のみで何というか、「抽象度」が高い。


b0149886_22511820.jpg





b0149886_22512634.jpg





b0149886_22513338.jpg





b0149886_22513996.jpg


すべて EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

  2017年(平成29年)3月20日(祝) 
  東京都八王子市 裏高尾町 湯の花梅林にて

# by spiti | 2017-03-27 22:38 | Comments(2)
高尾の梅林 2017 その1
b0149886_1523573.jpg
 昨年、山仲間のMさんに連れてきて貰った木下沢(こげさわ)の梅林が、京王線の広告ポスターになっているのを見て、今年も行ってみようと思い立った。ここは山の帰りに乗る中央本線の小仏トンネルを出てすぐ左手に見えるところ。季節に関係なくいつも通るたびに状況はチェックしている。
 
 この近辺には他にも小規模な梅林がいくつかあるので、それらも見てみようと高尾駅から歩いてみた。軽い登り道を休みなく、相当一生懸命歩いたが約50分かかった。さすがにちょっと疲れた。ちょうど梅のシーズンの土曜ということもあり、増発バスがじゃんじゃん奥に向かって走っていくのに抜かれつつ、黙々と歩くのは精神的に苦痛。乗りたくなっちゃう(笑)。


b0149886_1339255.jpg



b0149886_1456146.jpg
 


b0149886_13392380.jpg
 梅林の中を歩くこともできるのだけれど、光の加減があまりよくない。そこで中には入らず、外周の道路から通過光狙い。
 例によってお手軽な「望遠マクロ」


b0149886_13392932.jpg
 1枚目を撮影した、土手のような高台(京王線ポスターの撮影場所でもある)を逆側から梅越しに、、。今回のお気に入り ベストショット(笑)。


b0149886_14574822.jpg
 


b0149886_14341129.jpg


すべて EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

2017年(平成29年)3月20日(祝) 東京都八王子市 裏高尾町 木下沢梅林にて

# by spiti | 2017-03-25 15:33 | 東京都(春) | Comments(0)
いつもの神代で試し撮り その2
b0149886_20473556.jpg
使い勝手レベルの話だが、5DMarkⅣは水準器がファインダー内に常設で表示されるようになったのがありがたい。今までの5DMarkⅢでは、水準器が測距点表示を兼ねていたので、フオーカスボタンを押すと水準器表示が消えて、測距マークに切り替わってしまった。これはひどく不便だった。今度はそういうことがないので、アングル決めの時間が短縮できると思う。
 EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_20474314.jpg

EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_20475245.jpg

EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_2048071.jpg

EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

2017年(平成29年)3月19日

# by spiti | 2017-03-23 07:04 | 東京都(春) | Comments(2)
いつもの神代で試し撮り その1
b0149886_20412557.jpg
 2月から3月にかけて山で忙しく、こちらのUPが疎かになってました。とりあえず阿弥陀岳(一般ルート)と赤岳(登り文三郎、下り地蔵尾根)の両方とも登頂できたので満足満足。あとは連休の残雪期を狙う予定。
 
 この間何をしていたかといえば、機材の入れ替え。
 EOS-1D Xを手放して、5DMarkⅣを購入し、EF24-105mmF4L IS USM を手放して、新型のEF24-105mmF4L IS USM を入手した。もともと持っていた5DMarkⅢは手放さなかったので、5DMarkⅢと5DMarkⅣの「兄弟」ボディ2台態勢になった。これで夏の取材旅行の準備が完了した。

 とりあえず何か撮ろうと、毎度おなじみの神代植物公園に出撃(笑)。
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_20413779.jpg
 
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_20414992.jpg
 ミツマタの花
EOS 5DMarkⅣ EF70-300mm F4-5.6L IS USM

2017年(平成29年)3月19日

# by spiti | 2017-03-21 22:06 | 東京都(春) | Comments(0)
春の赤岳いい天気 その3
b0149886_21505029.jpg
 文三郎尾根 頂上直下の「ヒラリーステップ」(笑)は大混雑。ここだけアイゼンの前爪を使った。 9時30分ちょうどに登頂。




b0149886_21511849.jpg
 赤岳頂上小屋の前からいよいよ下り。こういう写真はお客の我々には撮れない。この写真はガイドのMさんの許諾を貰って転載。
 ここの斜度がどのくらいか確認したかった。⇒これまで冬山の経験を積んだおかげで、余裕をもって下ることができた。来年は横岳・硫黄岳の縦走に行ってみましょう。




b0149886_21533712.jpg
 地蔵の頭から横岳のピークを望む。




b0149886_21534797.jpg
 振り返って赤岳を望む。10時30分 地蔵尾根下りはじめ

 地蔵尾根で有名なナイフリッジには以前はなかった手すりがあった。
 雪に埋まった急な階段は手すりにすがって下った(笑)。
 
 感想:地蔵尾根は文三郎尾根よりかなり急。登りは難儀しそう。




b0149886_21540560.jpg
 11時30分:行者小屋まで戻ってロープを外し、ヘルメットを脱ぎ、ピッケルを仕舞って「武装解除」 
 
 赤岳鉱泉発 12時30分
 美濃戸口着 14時15分

すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM
2017年(平成29年)3月12日
# by spiti | 2017-03-19 19:59 | 八ヶ岳 | Comments(0)