「ほっ」と。キャンペーン
ゴンパ探検隊! 写真集
b0149886_20375545.jpg
 「写真集」とは言っても出版社から出した訳ではなくて、ネットで注文するフォトブック。要するに完全な自費出版である。
 前回のラダックのときにご一緒した方から、旅行中の写真をフォトブックにまとめたのを頂いて、自分でも作ってみようと思ったのがきっかけ。
 これまで訪問したラダックのゴンパの写真をまとめたのがえんじ色の左の冊子(48ページ仕立て)、昨年のヘミスのツェチュの写真をまとめたのが右の青い冊子(40ページ仕立て)である。



b0149886_19442922.jpg
 写真自体は、ここですでに紹介したことのあるものばかりだが、紙にするとまた違った味わいがある。



b0149886_19450548.jpg
 親しい方々にプレゼントしたところ概ね好評。味をしめたので、チベット編、ザンスカール編の作成を検討中。
# by spiti | 2017-02-13 20:22 | Ladakh Hemis Tse Chu | Comments(0)
電光石火の阿弥陀岳
b0149886_19303407.jpg
 赤岳には、これまで都合3度登頂していたので、となりの阿弥陀岳に行ってみたいと思っていた。
 しかし、ガイド登山で設定されている阿弥陀岳は、バリエーションルートばかりで素人の私は参加出来なかった。ところがシーズン中に2回だけ設定されている一般ルートの阿弥陀岳を見つけたので早速申し込んだ。
 
 2月4日(土)赤岳鉱泉に入り、5日(日)登頂の予定だったが、5日の予報は雪。これは雪が降りだす前に登っちゃうしかないぞ。ということで朝3時半起床、5時出発という攻めのスケジュール(笑)である。
 
 写真:中岳のコルから見た赤岳



b0149886_19303273.jpg
 今回は、お客5名、全員おっさん(笑)。ガイドは年長と若手の2名、総員7名のパーティー。
 写真:中岳のコルから見た権現岳



b0149886_19303399.jpg
 当初の予定では、文三郎尾根を上がり、中岳を越えて阿弥陀岳の本峰に取り付くことになっていたが、雪崩のおそれなしというガイドの判断で、行者小屋から中岳沢を直登して中岳のコルに至った。
 
 写真:中岳のコルから中岳沢を望む
 中岳沢は両側に壁が迫っていて、ここで雪崩が起きたら逃げ場はない と思った。
 

 
b0149886_19303322.jpg
 写真:中岳のコルから見た阿弥陀岳の登り
 赤岳より若干難度が高いとのことだが、あまり周りを見る余裕がなかった(笑)ことと、ガイドが刻んだトレースを注意深くなぞった(笑)ためか、赤岳より難しい=怖いとは思わなかった。



b0149886_05574710.jpg
2017年(平成29年)2月5日(日)
 
 赤岳鉱泉  5:00
 行者小屋  5:50
 中岳のコル 7:10 ロープ装着
 阿弥陀岳  7:50
 中岳のコル 8:30 ロープ外す
 赤岳鉱泉  9:10 ⇒ 9:40発
 美濃戸   11:00
 
 下りの中岳のコルで雪が降り始め、赤岳鉱泉で本降りになった。

 すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM
# by spiti | 2017-02-07 23:46 | 八ヶ岳 | Comments(0)
渋温泉
b0149886_21342359.jpg
天狗岳の登山口 奥蓼科の渋温泉
いつもは硫黄の匂いを嗅ぎながら、そそくさと通りすぎるだけだったが、今回は帰りのバスまでに時間があったので温泉に入っていくことにした。

渋温泉唯一の旅館 「渋御殿湯」
長〜い廊下の先にある風呂場は床も湯船も木製で趣あり。お湯は硫黄泉で秘湯感満点。ただし、お湯で濡れた床はひどく滑りやすい。あぶなく転ぶところだった(笑)

宿泊客は、立ち寄りとは別のお湯に入れるようだが、そちらは温度は低いものの、浴槽の中に直接お湯が沸いて来る由。すげー。

写真の解説: ずらりと並んでいるのはすべて渋御殿湯の建物。増築を繰り返してこんなになっている。湯殿はこの写真の左手のフレームのそと。

渋御殿湯: 住所 長野県茅野市 北山5520-3

# by spiti | 2017-01-16 08:05 | 八ヶ岳 | Comments(0)
今年の八ヶ岳 その3
b0149886_17522423.jpg
 今回お世話になった白駒荘:宿泊客は7名 ゆっくり過ごすことができた。


b0149886_22155815.jpg
 今日は高気圧の真下にあるので天気がいい。無風。


b0149886_1921138.jpg
 非常に気分がいい。来てよかった。





b0149886_19212634.jpg
白駒池を出発して高見石を経由して中山展望台に至る。





b0149886_184607.jpg
 南アルプス、北アルプス全部見えた。 


b0149886_18552285.jpg



b0149886_19213897.jpg
 天狗岳:今日は快晴、無風だったので登頂日和だったと思う。黒百合ヒュッテはものすごく混んでいたと思う。




b0149886_19214429.jpg

2016年(平成28年)12月25日
すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM
# by spiti | 2017-01-09 18:56 | 八ヶ岳 | Comments(0)
今年の八ヶ岳 その2
b0149886_16152243.jpg
 10時40分すぎにロープウェイ駅を歩き出し、茶臼山の南斜面を望むところまで来た。ここで15時30分 あとは国道299号線の車道歩きだけれど白駒荘着は16時を回ってしまいそう。


b0149886_16154753.jpg
これもずっこけ気味の ホワイトバランスで恐縮です。



b0149886_16155677.jpg



b0149886_1616286.jpg
翌朝、結氷した白駒池を歩いてみたが氷の厚さは大丈夫そうだった。
2016年(平成28年)12月24日

すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM
# by spiti | 2017-01-04 07:27 | 八ヶ岳 | Comments(2)
今年の八ヶ岳 その1
b0149886_14225552.jpg
 「北八ヶ岳ロープウェイ」で北八ヶ岳へ。クリスマス時期 全4名で入山。
1日目は北横岳を往復したあと戻ってきて縞枯山、茶臼山を経て白駒荘で宿泊の予定。

 今回初めて12月にこのロープウェイに乗ったが、霧氷が綺麗だけれどガラス越しが残念。別途霧氷の撮影のために来てみたいところ。


b0149886_1423261.jpg



b0149886_14231071.jpg
 縞枯山展望台より。日が当たっているところの向こう側に麦草ヒュッテが小さく見える。


b0149886_1618986.jpg
 今日は上空に寒気が入って曇がち。ホワイトバランスの取り方が難しい。

2016年(平成28年)12月24日
すべてCanon EOS M3  EF-M 22mm F2 STM

# by spiti | 2016-12-31 19:36 | 八ヶ岳 | Comments(0)
今年の紅葉 その2
b0149886_6165472.jpg
 もう少し近づきたかったが、竹垣があって残念ながらこれが限界。300mm
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_617147.jpg
 これだけ見るとどこかの神社仏閣に見えなくもない(笑)。

EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_617852.jpg
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_6171397.jpg
 黄・緑・赤の三原色
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_6172934.jpg
 かえりみち、ラクウショウに少しだけ日が差した。
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM

2016年(平成28年)11月26日(土)
東京都 調布市 神代植物公園



# by spiti | 2016-12-12 22:37 | 東京都(秋) | Comments(0)
今年の紅葉 その1
b0149886_664027.jpg
 雪が降ってしまったものの、紅葉を撮り足りない気がしたので手近な公園に出かけた。
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_6185436.jpg

EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_619013.jpg
 2日前の雪で、紅葉は終わり と思った人が多かったせいか、何だか妙にすいていた。だからこんな写真が撮れる。
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM




b0149886_619736.jpg
 背後にはまだ紅葉していないモミジもある。
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM




b0149886_6191298.jpg

EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM




b0149886_6191881.jpg
 なかなかイキなことをする人がいるもんだ。
EOS-1DX EF70-300mm F4-5.6L IS USM

2016年(平成28年)11月26日(土)
東京都 調布市 神代植物公園

# by spiti | 2016-12-08 22:41 | 東京都(秋) | Comments(2)
今年の広徳寺 その2
b0149886_20511318.jpg
 イチョウが散ると、この屋根に積もることが分かった。
EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_20473520.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_20461022.jpg
 以前ここに来た時、奥の消火器の箱が赤いのを気にして三脚のカバーを掛けて隠したことがあった(笑)。今回は手前の紅葉があるので省略。

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_20464632.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_20465371.jpg
 昼過ぎになって雨が降り始めた。翌日の予報は雪。本当に降るのかといぶかっていたが何と実際に降った(笑)。 
EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM

2016年(平成28年)11月23日(祝)
東京都 あきる野市 広徳寺

# by spiti | 2016-12-04 18:29 | 東京都(秋) | Comments(0)
今年の広徳寺 その1
b0149886_20433754.jpg
 完全に紅葉に出遅れてしまった。
今年は新規開拓の現場はなし。勝手知ったる五日市の広徳寺に行ってみた。
今回はじっくり見て、これまでにないアングルを探してみた。。。といいつつあまり変わり映えしないかな(笑)。
EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_21295334.jpg

EOS 5D MarkⅢ Sigma 15mm F2.8 Diagonal Fisheye



b0149886_20441811.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_20443955.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM

2016年(平成28年)11月23日(祝)
東京都 あきる野市 広徳寺


# by spiti | 2016-12-01 21:39 | 東京都(秋) | Comments(0)
今年の御岳渓谷 その3
b0149886_21165734.jpg
 このモミジが一番早く終わってしまう。今年は間に合ったので、グワっと広角で1枚
 モミジが主役か、イチョウが主役か?

EOS 5D MarkⅢ EF16-35mm F4L IS USM



b0149886_21178100.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_21171932.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_21172645.jpg
 「その2」の門 ちょうど反対側から見てみた。なかなか面白い。

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_21173562.jpg
 緑がまじっているのも趣がある

EOS 5D MarkⅢ EF16-35mm F4L IS USM


2016年(平成28年)11月20日(日)
# by spiti | 2016-11-26 20:42 | 東京都(秋) | Comments(0)
今年の御岳渓谷 その2
b0149886_21142635.jpg
 御岳渓谷は、青梅線側の河岸が遊歩道になっている。玉堂美術館のまわりは開けていて日当りがいいので、早く紅葉が進む。
 ここは、御嶽駅のすぐの橋の下あたり。ちょうど見ごろ

EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_21143543.jpg
 この撮影ポイントも今回発見

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM


b0149886_21144761.jpg
 玉堂美術館のイチョウの定番構図  みんな撮っている(笑)

EOS 5D MarkⅢ EF16-35mm F4L IS USM



b0149886_21145355.jpg


EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM


b0149886_21151481.jpg


EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM

2016年(平成28年)11月20日(日)
# by spiti | 2016-11-25 05:58 | 東京都(秋) | Comments(0)
今年の御岳渓谷 その1
b0149886_211046100.jpg
 しばらく撮影に出かけていなかったので久々の現場である。ロケという意味では9月の彼岸花以来である。

前回の御岳渓谷は2013年なので、もう3年も経っている。

EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_2111718.jpg
 3年前には気が付かなかった新しい撮影ポイントから

EOS 5D MarkⅢ EF24-105mm F4L IS USM



b0149886_21112690.jpg

EOS 5D MarkⅢ EF16-35mm F4L IS USM



b0149886_21113539.jpg
 玉堂美術館の大銀杏:右隣の桜は、早くに散ってしまってすでに葉がない。

EOS 5D MarkⅢ EF70-300mm F4-5.6L IS USM



b0149886_21114138.jpg
 人工物が入ったっていいじゃないか。最近そう思えるようになってきた。
敢えて橋と建物を入れてみた。人出は多いのだが左側が陰になっているのでOK

EOS 5D MarkⅢ EF16-35mm F4L IS USM

2016年(平成28年)11月20日(日)
# by spiti | 2016-11-23 07:13 | 東京都(秋) | Comments(0)
アートだなあ その2
b0149886_2343042.jpg
Chaka Khan " I Feel For You " 1984

 実はダイアナ・ロスよりもこちらのほうを先に入手していて額装を済ませていた。
ファンキーで軽妙な味わいがある。お洒落だな チャカ・カーン。

 実はレコードジャケットのシリーズはこれでおしまい(笑)
底の浅さを完全に露呈している(汗)。
ついては、額装に相応しいかっこいいジャケットがあったらご教示いただけると有難い。
# by spiti | 2016-11-17 00:00 | Thangka(タンカ) | Comments(0)
アートだなあ その1
b0149886_23361083.jpg
 カッコイイなあ ダイアナ・ロス
 
 レコードジャケットでいいものはないかと探していたら、1967年のモータウンのLPにおまけで付いていたポスターがあることが分かった。「ヤフオク」にも少し出物があったが、やはりこれは米国から取り寄せようと、「e-bay」経由で入手した。

 例によって、額装しようと「世界堂 聖蹟桜ヶ丘店」に持ち込んだら、「今回は仏画ではないんですね」と、珍しがられてしまった。店の人に、「この客はタンカしか取り得がない」と思われるのもシャクなので、このレコードジャケットシリーズを続けなきゃならないな(笑)。
# by spiti | 2016-11-13 15:03 | Thangka(タンカ) | Comments(0)